0224

陸遠 楳花書屋圖

size: 80×48cm

設色絹本 立軸
出版:「特別展中国絵画をたのしむ橋本コレクションを中心に」〈渋谷区立松濤美術館 平成10年〉64頁 No.45

陸遠[?~1665~1684~?]字,静致。
陸遠是明末清初獨具匠心的畫家之一。他所畫的山水畫筆法細膩,不歸屬於這個時期的任何流派。此畫作於康熙37年(1689年),河川橫斷畫面的大膽構圖,以山中人家為中心配以松竹梅。是一副讓人感受到大山中充滿吉祥氣氛的抒情山水畫。
「清溪橫步」冊是故宮博物院(臺北)館藏作品,陸遠本幅作品的畫風與其有異曲同工之妙處。

展覽會:「中国絵画をたのしむ」1998年 渋谷区立松濤美術館
出版:特別展「中国絵画をたのしむ」1998年 渋谷区立松濤美術館


陸遠[?~1665~1684~?]字、静致。
陸遠は明末清初の個性的な画家の一人。繊細な筆致を特徴とする山水画を描きこの時期のいずれの流派にも分類出来ない。本作品は康熙37年(1689年)の作品である。川が画面を区切る大胆な構図で、人家を中心に梅花、竹、松を配して大きな山容の中で叙情性に溢れた吉祥を感じさせる山水画である。
「清渓横歩」冊が、故宮博物院(台北)に収蔵されていて本作品との画風の接点がある。

展覧会:「中国絵画をたのしむ」1998年 渋谷区立松濤美術館
出版:特別展「中国絵画をたのしむ」1998年 渋谷区立松濤美術館 

JPY:成行

RMB:無底價

品相報告:基本無破損 

佣金:19.8%

競價階梯

參加競買方法